誰でも「持ち」は気にします |広尾麻布恵比寿天然100%ヘナ

ヘナマイスター®︎齋藤です。

日々、ヘナで綺麗になる為にたくさんのご来店を頂いています。

毎日、お客様と接する中で最近感じる事がありました。

「持ちを良くしたいので黒めにしてください」

お気持ちはすごく理解出来ますね。

ですが、これは「薬品入りのカラー剤」の発想。

そこでヘナを今一度、詳しくお話をすると、ヘナで白髪を染める際には

二つのハーブを使います。

まずはヘナ(ナチュラルとも呼ぶ)とインディゴです。

基本的に天然ヘナを使って白髪を染める際に、私はこの二種類しか使いません。

ネット販売されているヘナには「ブラウン」「ダークブラウン」「ブラック」等の表記がありますが、これはヘナとインディゴを事前にMixしている物とご理解ください。

では、それぞれの比率はどんなでしょう?

・ブラウン ヘナ:インディゴ=4:6
・ダークブラウン ヘナ:インディゴ=3:7
・ブラック ヘナ:インディゴ=2:8

これが一般的な配合と思って「ほぼ」間違いはないです。

次にヘナが髪の上でどんな変化をして染まっていくか?を簡単にお話します。

まず、髪の毛にヘナのローソニア(ケラチン成分)が絡みつきます。
次に、そのヘナにインディゴが吸着し、その後酸化する事で
ブラウンやブラックに変化するという流れ。

私が長年、ヘナに携わっている中で蓄積したデータでお話をすると
ヘナ:インディゴの比率が ヘナ<インディゴ の場合の方が
色落ちが早い、色持ちが悪いですね。

先ほど説明をした「髪の上での変化」を読み返して頂きたいのですが
「ヘナにインディゴが吸着する」
つまりはインディゴが吸着するヘナが少ないと抜けるのも早く
皆様がおっしゃる「持ちが悪い」となるのです。

色持ちを良くなさりたい場合は「少し明るいかな?」と思いながらも
なるべくヘナ多めの配合をお勧めします。

結論から言えば 「白より少し色が付いてるだけでも安心」なんです。

特に もみあげや鬢(びん)の部分は。

参考になさってみてくださいね。

友だち追加