白髪染めにはジアミンが入ってるけどヘナには?

こんにちは、ヘナマイスター齋藤です。

前回はケミカルヘナに混入されている

ジアミンという成分のお話をしました。

ヘナ

悪者でも使い方によっては?

これを悪者にするつもりはないんです。

おしゃれを楽しみたいなら良薬。ご自身に不安を持っている方には悪薬。

それを適材適所で選択するのは我々美容師の仕事。

けれど素人の皆さんからすれば

「そのジアミンってなぁに?」

「ジアミンが入っているとどうなるの?」

って疑問が出てきますよね?

ところでパラフェニレンジアミンってなに?

専門用語抜きでわかりやすく説明します。

パラフェニレンジアミン(以後PPDと表記します)

PPDが入っている製品での症状は以下の通り
(国民生活センター調べ)

・ 発ガン性 ・ 頭皮や顔のただれ ・ ショック症状 ・強いアレルギー反応・接触性皮膚炎  ・ 結膜炎  ・ 気管支喘息  ・ 腎臓障害 ・ 貧血

【死亡例】 染色剤を誤飲、自殺のために飲む、殺人目的 皮膚からの吸収

「ヘアカラーの帰りは皮膚科がワンセット」

僕がヘナを研究し始めたきっかけのお客様はまさにこれです。

かゆみ、痛み、発疹などなど。

皮膚科に行くとヘアカラーをやめなさいと言われるけれど、白髪のままでいたくないのが女心。

じゃぁどうするの?

染めない?いやですよね?おばぁちゃんみたい。。

美容室でのヘアカラーにPPDが入ってないものは

ない!!!と言っても過言ではありません。

ましてや、ドラッグストアのヘアカラー剤には100%入っている。

僕が使うヘナにはPPDは一切入っていません。

続きます。

次回はPPD入りのヘナ(ケミカルヘナ)での

苦情事例をご紹介しますね。